愛知県大府市の内科 みやはら医院【内科・循環器内科・生活習慣病・栄養指導他】
ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

下線のある青い字をクリックすると詳しいページを見ることができます。




 チョコレートとポリフェノール


投稿:スタッフ

2月はバレンタインデーの影響でチョコレートをよく目にしますが、なかでも、高カカオのチョコレートが増えたように思います。
 実は、チョコレートにも多く含まれるのがカカオポリフェノール。
ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素を除去し動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

市販のチョコレートは植物油脂や砂糖で加工されているので食べ過ぎると体に悪いことは言うまでもありません。しかし、カカオ豆由来の脂肪は体に吸収されにくいとされていますので、ほっとひと息、間食にチョコレートを食べることがありましたら、カカオポリフェノールを摂るためにカカオが多く含まれるダークチョコレートを選んでください。

ポリフェノールは他にも、赤ワイン・大豆・ブルーベリー・玉ねぎ・コーヒーなどに含まれ様々な効果があるといわれています。
この機会に抗酸化ポリフェノールに注目してみてください。



2020年2月13日(木)


 体内で作られる抗酸化物質


投稿:スタッフ

抗酸化力を高めるために
・活性酸素を発生させる原因を排除する
・抗酸化の高い食品を摂る
と以前のブログでお話ししました。
今回は内因性の抗酸化物質についてです。

体内で作られる抗酸化物質・抗酸化酵素があります。
グルタチオンやミトコンドリア内のSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)・カタラーゼなどです。
これらを活性化させるためには適度な運動が有効です。
やはり運動が欠かせませんね。

少し難しいかも知れませんがHPにトコンドリアのことが書かれています。ぜひ読んでください。



2020年2月12日(水)


 ロコモティブシンドローム


投稿:スタッフ

通称ロコモといい
運動器の障害のために移動機能の低下をきたし、進行すると介護が必要となるリスクが高くなることです。

7つのロコチェック
 □片脚立ちで靴下がはけない
 □家の中でつまづいたりすべったりする
 □階段を上がるのに手すりが必要である
 □家のやや重い仕事が困難である
 □2s程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
 □15分くらい続けて歩くことが出来ない
 □歩道橋を青信号で渡りきれない

若い時からの運動習慣が大切です。
手始めに、2つのロコトレを毎日続けてみては。→開眼片脚立ちスクワット



2020年2月12日(水)


 玄米ご飯


投稿:スタッフ

先日、圧力鍋で玄米ご飯を炊きました。

半日程度しっかり浸水させた後、一度ザルで水気を切ります。

白米の炊飯より少し多めの水加減で、塩をひとつまみ加えました。

玄米特有の“臭い”が抑えられ、もっちり美味しい玄米ご飯が炊けました。


玄米とは、精米する前のお米です。

カロリーや糖質は白米と比べても微差ですが、ビタミンやミネラル、食物繊維等の栄養素量は数倍から数十倍も違います。

何より玄米はGI値の低い食品に分類され糖尿病・肥満予防の強い味方です。


「毎食」とはいきませんが少しずつ“白米⇒玄米” に心がけています。




2020年2月7日(金)


 大きな みかん


投稿:スタッフ

みやはら医院の晩白柚(ばんぺいゆ)が色づいてきました。

晩白柚は世界一大きなみかんともいわれています。
柑橘類はくだものの中でもGI値が低い食品です。
今は手軽にジュース類で果物果汁が摂取できますが、ジュース類になると
高GI値になってしまいます。
すこし手間はかかりますが、生のくだものをそのまま食べましょう。

ご来院の際には、晩白柚の木を探してみてください。



2020年2月5日(水)


 抗酸化力を強化しよう


投稿:スタッフ

1月21日のブログで、体内で活性酸素が過剰になると酸化ストレスが高まり病気の元になったり老化を促進させるという話をしました。
では、活性酸素を増やさないためにはどうすれば良いでしょう?

活性酸素から体を守る力を抗酸化作用と言います。
抗酸化力を強めるためには、
@活性酸素を発生させる原因を排除する
 ・タバコ・過度な飲酒は控える
 ・激しすぎる運動はしない
 ・ストレスをためない
 ・睡眠不足にならない 
A抗酸化力の高い食品を摂る(→詳しくはこちら
 ・カロテノイド
 ・ポリフェノール  
など、日常生活の中で簡単に取り入れることができます。
今日から生活習慣を見直しましょう!



2020年2月4日(火)


 高血圧の食事


投稿:スタッフ

高血圧はピンピンコロリの大敵です。脳卒中や心臓病の原因となるばかりでなく、認知症の危険因子とも言われています。
高血圧の予防、改善のために、まずは食生活を見直してみましょう。

油分を注意したつもりの和食でも、塩分の多い干物・漬け物・汁物をよく食べていませんか?
味の濃い煮物やドレッシングをとりすぎていませんか?

高血圧の減塩にも地中海食・マインド食はおすすめです。ぜひ参考にして下さい。



2020年1月30日(木)


 有酸素運動


投稿:スタッフ

有酸素運動は運動の基本と言われています。
効果として
1、血糖値を下げる
2、脂肪の燃焼
3、心肺機能の向上
4、血圧の安定  など
主なものに、ウォ−キング、サイクリング、踏み台昇降運動
等があります。
最初はウォ−キングから始めてはどうでしょう!
正しい姿勢で、ごく軽く息がはずむぐらいの速さで歩き、週に合計
90分程度が目安です。
       詳しくは有酸素運動へ。



2020年1月29日(水)


 血糖


投稿:スタッフ

血糖を上げない食事法について
ポイントは以下の2つです。
1、どの食品が食後の血糖値を上げやすいか知る。
  食品のGI値(食後の血糖値の上がりやすさを示す指標)を理解する。
2、食事を野菜、海藻類ータンパク質ー炭水化物の順番に食べる。



2020年1月29日(水)


 下半身をきたえましょう


投稿:スタッフ

年齢を重ねていくと、筋肉量は減っていき、筋力は低下していきます。

筋力が低下すると、腰痛、膝痛、寝たきりや骨折のリスクが高くなり、

生活の質が大きく低下します。

生きている限り寝たきりにならず、健康寿命を延長させ、ニコニコ元気

でご機嫌な毎日を送るために、ぜひ下半身をきたえましょう。




2020年1月29日(水)

1 | 2 | 最初 次のページ>>

現在1ページ目を表示しています




 新年あけましておめでとうございます


投稿:院長

 令和2年も早5日が経過しました。今年は医院内での診療や掲示板とともに、ホームページ(ブログ)にてよりわかりやすい健康情報を発信したいと考えています。最近の研究から適切な運動、バランスの良い食事、およびストレス改善は、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の予防につながり、ひいては認知症、動脈硬化性疾患、がんの発症抑制にも効果があることがわかっています。このホームページやブログを見た皆様の健康増進に少しでもお役に立てるような情報を提供できればと考えております。
 焦らず、コツコツと一緒に勉強していきましょう!
 


2020年1月5日(日)


みやはら医院
〒474-0038 愛知県大府市森岡町1-188
0562-44-6711