愛知県大府市の内科 みやはら医院【内科・循環器内科・生活習慣病・栄養指導他】
ホーム > 血管病対策におすすめ食品

血管を健康にする食品



         
                       


@ 抗酸化ビタミンA・C・E(エース)は活性酸素退治の一番槍
 抗酸化ビタミンの中でおすすめはビタミンCとEです。これらは強力な抗酸化作用を有し、血管内皮細胞の機能維持に重要な役割を果たします。単独でとるよりも、一緒にとった方が抗酸化力が増すこともわかっています。ビタミンCとEを豊富に含む食材をたくさん食べるようにしましょう。体内でビタミンAに変換されるβ-カロテンにも強力な抗酸化作用があります。ビタミンC・Eに加え、β-カロテンもできるだけ同時にとりましょう。食卓にビタミン・エースが豊富な食品をたくさん並べて活性酸素を退治したいものです。

Aポリフェノールの抗酸化力は強力です
 果物や野菜の色素や辛味成分であるファイトケミカルは、体内では抗酸化物質として作用します。ポリフェノールはファイトケミカルの代表といえるでしょう。ポリフェノールの抗酸化力は強力で、下図のポリフェノール含有食品は血管内皮細胞を守ってくれる健康的な食品です。

Bオメガ3系不飽和脂肪酸は血管に良い油です
 さけやさんま、さば、いわしなどの青魚には、良い油の代表であるオメガ3系脂肪酸(DHAやEPA)を多く含みます。オメガ3系脂肪酸はLDL減少、HDL増加作用があります。さらに血栓を作りにくくし、血液をサラサラにして炎症を抑える作用があります。LDLの酸化も防ぐ効果があり、動脈硬化を予防します。わが国や欧米の報告でも、魚を多く食べる人は心筋梗塞の発症が少ないとされています。

血管を健康にする食品です







 最後になりますが、塩分対策を怠ってはいけません過剰な塩分摂取は血管内皮細胞を傷つけます。減塩対策の詳細は他を参照してください。



みやはら医院
〒474-0038 愛知県大府市森岡町1-188
0562-44-6711