愛知県大府市の内科 みやはら医院【内科・循環器内科・生活習慣病・栄養指導他】
ホーム > チョコレートとポリフェノール



 チョコレートとポリフェノール


投稿:スタッフ

2月はバレンタインデーの影響でチョコレートをよく目にしますが、なかでも、高カカオのチョコレートが増えたように思います。
 実は、チョコレートにも多く含まれるのがカカオポリフェノール。
ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素を除去し動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

市販のチョコレートは植物油脂や砂糖で加工されているので食べ過ぎると体に悪いことは言うまでもありません。しかし、カカオ豆由来の脂肪は体に吸収されにくいとされていますので、ほっとひと息、間食にチョコレートを食べることがありましたら、カカオポリフェノールを摂るためにカカオが多く含まれるダークチョコレートを選んでください。

ポリフェノールは他にも、赤ワイン・大豆・ブルーベリー・玉ねぎ・コーヒーなどに含まれ様々な効果があるといわれています。
この機会に抗酸化ポリフェノールに注目してみてください。



2020年2月13日(木)
<< 体内で作られる抗酸化物質
2020.2.12



はじめのページに戻る



みやはら医院
〒474-0038 愛知県大府市森岡町1-188
0562-44-6711

【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933