健康長寿への道

8つの法則について
食事
運動
精神
検査
アンチエイジング検査
治療
サプリメント
見た目
よくある質問 患者様からあるよくお寄せいただく質問をご紹介します。ご相談やご質問も受付けております。
アクセスマップ

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1の188

治療

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)について
虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
心臓は全身へ血液を送り出すポンプです。心臓を構成する心筋へ血液を送る血管を冠動脈といいます。冠動脈が動脈硬化などのために狭くなったり、詰まったりすると、心筋へ十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。この状態を虚血といい、狭心症や心筋梗塞、突然死などの原因となります。近年、日本の食生活の変化などにより、虚血性心臓病の増加が指摘されています。
●狭心症の症状
冠動脈が狭くなり、一時的に虚血状態になると狭心症の発作を起こします。
発作時は前胸部に限らず、のどあご肩などに締めつけられるような痛みや
胃部不快感、息切れといった症状が出現します。痛みの持続時間は数分から10分くらいでニトログリセリンなどの舌下錠やスプレーで発作はおさまります。
ニトログリセリンが効かず15分以上症状が続く場合は、心筋梗塞の疑いがあります。
 狭心症は誘因の観点から、動脈硬化により血管の内腔が狭くなり、運動などにより発作が起きる「労作狭心症」と、血管壁が痙攣を起こし一過性に血管の内腔が狭くなり安静にしているときに発作の起こる「安静狭心症」に分けられます。また、病状の安定性から、狭心症の状態が安定している「安定狭心症」、心筋梗塞に移行しやすいと考えられる「不安定狭心症」に分類することもあります。

●心筋梗塞の症状
冠動脈が完全に詰まり、血流がとだえてしまうとその部分の心筋が壊死してしまいます。この状態を心筋梗塞といいます。発作は持続性の胸痛で、圧迫感、閉塞感を感じたり、冷汗や嘔吐があることもあります。痛みは30分から数時間も続きます。命にかかわる状態ですから、すぐに救急車を呼びましょう。
無症候性心筋虚血
自覚症状があいまいにもかかわらず、
心筋虚血を起こしている場合があります。
糖尿病を患っている人や高齢者に多くみられ、注意が必要です。

一般検査と精密検査
検査には一般検査と、さらによく調べるための精密検査があります。問診では、いつ、どこで、どの程度の、どのような症状が起きたかを、くわしく話しましょう。問診や心電図検査で虚血性心疾患が疑われた場合、運動時の状態を調べる運動負荷心電図、心エコー検査や、24時間の心電図を測るホルター心電図、冠動脈CT検査、冠動脈造影検査などを行います。

狭心症・心筋梗塞の治療
治療法には薬物療法、外科療法、カテーテル治療法(冠動脈形成術)があります。
●薬物療法
血管を広げる作用のある硝酸薬は、発作の寛解と予防に効く薬として代表的なものです。
 このほかに心臓の拍動数や心筋の収縮を押さえるベータ遮断薬、冠動脈攣縮による発作を予防するカルシウム拮抗薬、血管内に血栓ができるのを防ぐため低用量のアスピリン製剤、抗血小板薬などがまた、高脂血症治療薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン脅容体拮抗薬(ARB)が処方されることもあります。
●外科療法
手術によって狭くなった血管とは別に、血液の流れる道をつくる冠動脈バイパス術(CABG)が行われます。
●カテーテル治療法(冠動脈形成術)
カテーテルによって狭くなった血管を広げ血流を再開させるカテーテル治療法(冠動脈形成術)には主に、風船療法と呼ばれる「バルーン療法」と、網状の筒(ステント)をカテーテルで血管内に植込む「ステント療法」があります。また、狭窄部の石灰化を削る「ローターブレーター療法」も行われます。
日常生活の注意 ―再発防止のために―
治療後は無理に心臓に負担をかけないことが大切です。しかし、あまり消極的な生活もつまらないものです。バランスを取りながらストレスをためずに、前向きに明るく楽しく暮らしましょう。
★発作時の対応
 狭心症の発作はいつ起きるかわかりません。ニトログリセリンのスプレーや舌下錠を常に携帯し、発作が起きたり、起きそうな感じがしたら、すぐに服用しましょう。1〜2分で効果があらわれます。運動により発作が起きる人(労作性狭心症)は事前の舌下服用により、発作を予防することもできます。15分以上経っても効果がみられなかったり、いつもと
違う発作だと感じた場合はすぐに主治医に連絡しましょう。
★食事と運動
 食事については、良質のたんぱく質、緑黄色野菜、繊維質のものを中心にバランスよく摂取し、腹8分目を基本にします。脂肪は控えめにしましょう。塩分、糖分も余計に取りすぎないようにします。肥満の人は減量を心がけ、体重測定を習慣づけましょう。これからは禁煙し、深酒は禁物です。
 運動については、適度な有酸素運動(歩行、水泳、ジョギングなど)が血液の循環を良くし、からだの調子を整えます。
・準備運動、整理運動を行いましょう。
・動悸、息切れ、めまいなどの症状を感じたら、 すぐにやめましょう。
・軽めの運動を長く続けましょう。心地良い 程度で、余力を残してやめるようにしましょう

▲ページのトップに戻る

みやはら医院は大府市にある内科、循環器科です。生活習慣病の予防のため、アンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。