健康長寿への道

8つの法則について
食事
運動
精神
検査
アンチエイジング検査
治療
サプリメント
見た目
よくある質問 患者様からあるよくお寄せいただく質問をご紹介します。ご相談やご質問も受付けております。
アクセスマップ

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1の188

食事

7.過剰な塩分は血管をボロボロにします
「人は血管とともに老いる」という有名な言葉は、血管を若く保てれば老化の進行を抑えることが出来るということを意味しています。
血管の構造は、外側から外膜、中膜、内膜の3層でなりたち、これらが血管壁を構成しています(下図)。
血管の老化にもっとも深く関係するのは、血液と接する位置にある内皮細胞です。内皮細胞は、常に血液と接しながら、血管壁を守るためにいろいろな働きをしています。主たる内皮細胞の役割は下記の,鉢△砲覆蠅泙后
血液中の有害物質が血管壁内に進入するのを防ぐ機能。
内皮細胞から出るNOによる血管拡張作用。
これらの内皮細胞の機能を維持することにより健康な血管を維持することができます。

過剰な塩分は内皮細胞を傷つけ、NO産生量を低下させることにより、高血圧や動脈硬化の引き金となります。健康な血管を維持するためには、何より減塩が重要となります。減塩のポイントを示します。
1)食材の塩分量を知る(コチラを参照
2)塩気以外の味を取り入れる
3)汁ものは控える
この中で、塩気以外の味としては、酸味(かんきつ類や酢)、スパイス(唐辛子、からし、わさびなど)、香り(ハーブ類、にんにく、しょうがなど)などを利用すると効果的である。
塩分の害を少なくするには、塩分摂取を減らすだけでなく、体内の塩分を排出するカリウムを十分に摂る必要があります。
カリウムは、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑え、尿といっしょに排出するように働きます。体内で塩分の害が起きる前に、塩分を体外に排出するので、積極的に摂るべき食材です。カリウムを多く含む食品には、果物、野菜、海藻類、イモ類などがあります。この中で、海藻類にはカリウムとともにアルギン酸という食物繊維があります。このアルギン酸には水溶性の食物繊維が含まれ、腸でナトリウムを吸着して体外に排出する作用があります。毎日の食卓にわかめ、昆布、もずくなどの海藻類を是非並べてください。


最後に、コチラで現在の塩分摂取状況をチェックしてみませんか?

▲ページのトップに戻る

みやはら医院は大府市にある内科、循環器科です。生活習慣病の予防のため、アンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。