健康長寿への道

8つの法則について
食事
運動
精神
検査
アンチエイジング検査
治療
サプリメント
見た目
よくある質問 患者様からあるよくお寄せいただく質問をご紹介します。ご相談やご質問も受付けております。
アクセスマップ

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1の188

運動

1.運動は健康長寿の切札
運動が体に良いことはよく知られています。運動はからだと心の健康増進につながるだけでなく、糖尿病、心筋梗塞、がん、認知症、骨粗鬆症などを予防することがわかっています(表1)。
 継続的な運動が死亡リスクを低下させることが明らかになりました。最近、台湾から発表された研究では、1週間に90分、1日15分弱の運動でも寿命が延びると報告されました。この程度の運動ならあまり時間がない人でもできそうです。この報告ではより強めのジョッギングなどを取り入れ、長めに運動することにより、さらなる寿命延伸効果があるといってます。できれば1週間に150分程度の運動を目指したいものです。
「少しつらめ」の運動が出来ないときでも、日常生活の中で、こまめに体を動かすことが大切です。横にゴロンとなるより座る、座るよりも立つ、電車は立って乗る、自宅や職場まで遠回りして歩く、エレベーターやエスカレーターでなく階段を使う。座って仕事中でも、腹をへこまして腹筋をする、膝のばしで太ももをきたえるなど、自分自身の心がけ次第でいくらでも体を動かすことは可能です。こまめに動くことが健康につながることは間違いありません。
 運動習慣を身につけるのは、早いにこしたことはありません。男女とも40歳頃までには「健康長寿を目指すなら運動しなきゃ!」という意識をもっていただきたいものです。ただ、運動開始に遅すぎることはないのも事実です。運動時の注意点(表2)をチェックしながら、年齢相応に少しずつ運動する習慣をつけていきたいものです。
 心臓病、腎臓病、高血圧、糖尿病などを含む病気で治療中の方は、主治医とよく相談してから、どの程度の運動なら可能かを必ず確認してから行います。

表1: 運動の効果
1)糖尿病改善
2)心臓病予防
3)がんの予防
4)骨粗鬆症予防
5)認知症予防
6)ストレス解消
7)睡眠の質の改善

表2: 運動時の注意点
1)風邪などで発熱している。
2)胸痛みや息切れなどの胸部症状がある。
3)めまい、ふらつきがある。
4)血圧が増加している(最大血圧が160以上)
5)筋肉、骨、関節に痛みがある。
6)その他、体調が悪い。

▲ページのトップに戻る

みやはら医院は大府市にある内科、循環器科です。生活習慣病の予防のため、アンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。