健康長寿への道(8つの法則について)

8つの法則について
食事
運動
精神
検査
アンチエイジング検査
治療
サプリメント
見た目
よくある質問 患者様からあるよくお寄せいただく質問をご紹介します。ご相談やご質問も受付けております。
アクセスマップ

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1の188

  • HOME >
  • 健康長寿への道

運動

1-1.安全第一
詳しくはコチラ
自分の体力や年齢に合った運動を長く続けることが大切になります。最初は5分程度でもいいのです。少しずつ時間と強さを増やしていくといいでしょう。無理せずに、痛みや疲れがあるときは休みましょう。
1-2.準備体操
詳しくはコチラ
運動を安全に行うためには準備運動が必須です。
1-3.股関節の運動
詳しくはコチラ
股関節の運動は臀部や内転筋の強化に役立ち、骨折予防・体幹のバランス維持に有用です。毎日行いたい運動です。
1-4.膝痛と腰痛の予防
詳しくはコチラ
高齢者や筋力低下がある人は慎重に運動しましょう。筋力が弱いと腰や膝に負担がかかりやすいからです。運動前の準備体操・ストレッチを欠かさずに。下半身中心の軽い筋トレも必須です。
1-5.ストレッチについて
詳しくはコチラ
関節の可動域を大きくし、運動にともなう障害予防目的で行ないます。運動の前後で必ずストレッチを行うようにしましょう。
1-6.体力がない人は簡単な筋トレから始めましょう
詳しくはコチラ
筋力低下がある人や65歳以上の高齢者では、運動開始時には簡単な筋トレを必ず行います。簡単スクワット、片足立ち、もも上げなどの筋トレから始めましょう。
1-7.軽い筋トレのビデオです
詳しくはコチラ
1.運動は健康長寿の切札
詳しくはコチラ
運動は動脈硬化症、認知症、骨粗鬆症、糖尿病などに効果があることは良く知られています。少しつらめの運動は寿命延伸効果もあります。ピンピンコロリへの切札は運動です。
2.少しつらめの運動で活性酸素を味方にしよう
詳しくはコチラ
少しつらめの運動はほどよく活性酸素を増加させ、それが刺激となって長寿遺伝子「サーチュイン」を増やします。サーチュインが抗酸化能をアップさせることにより、酸化ストレスに対し抵抗力がつきます。
次のページへ

▲ページのトップに戻る

みやはら医院は大府市にある内科、循環器科です。生活習慣病の予防のため、アンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。