健康長寿への道(8つの法則について)

8つの法則について
食事
運動
精神
検査
アンチエイジング検査
治療
サプリメント
見た目
よくある質問 患者様からあるよくお寄せいただく質問をご紹介します。ご相談やご質問も受付けております。
アクセスマップ

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1の188

  • HOME >
  • 健康長寿への道

食事

1.ビタミンA・C・E(エース)とファイトケミカルで活性酸素退治
詳しくはコチラ
野菜、大豆製品、果物などを豊富に食べて、抗酸化ビタミン(ビタミンC、ビタミンEおよびβ―カロテン)とファイトケミカルをしっかりとり、活性酸素を退治しよう。
2.腸力アップで免疫力を活性化させます
詳しくはコチラ
発酵食品が腸力強化のキーワード。食物繊維、マグネシウム、オリゴ糖、オレイン酸、ビタミンCを含む食材は腸力をサポートします。
3.腹7分目のカロリー制限食は健康長寿の切り札?
詳しくはコチラ
カロリー制限食はインスリン分泌を低下し、糖尿病、がん、心血管疾患などの加齢性疾患を減じ、健康長寿の切り札となる可能性があります。
4.インスリンにやさしい食事が老化を予防
詳しくはコチラ
インスリン分泌を抑える主食の食べ方が大事です。野菜、たんぱく質、主食の順に食べます。急激な血糖値を来す主食を控えましょう。糖尿病、肥満の人では、主食の量を健康な人の70%程度にします。
5.たんぱく質のとり方は長寿を左右する
詳しくはコチラ
さけ、青魚などの魚介類と大豆製品が健康長寿へ導くたんぱく質です。肉も
赤身を中心に週に2-3回は食べましょう。
6.悪い油は命とり
詳しくはコチラ
良い油と悪い油があることを知り、良い油の割合をぐんと高めることが必要です。魚油に多く含まれているDHAとEPAはよい油の代表。料理油にはオリーブオイルが最適。トランス脂肪酸は“狂った油”ともいわれます。
7.過剰な塩分は血管をボロボロにします
詳しくはコチラ
「人は血管とともに老いる」と言われます。過剰な塩分は血管内皮細胞を傷つけ、高血圧や動脈硬化の引き金となります。
8.骨粗鬆症対策で寝たきり予防
詳しくはコチラ
40歳からの食生活改善と運動習慣で将来の転倒・骨折を予防できます。キーワードは乳製品、納豆、大豆製品、さけ、青魚、かつお節、ナッツ類、小魚、ビタミンDなどです。
9.認知症は生活習慣で予防できます
詳しくはコチラ
認知症は生活習慣病です。認知症予防のポイントは、1)DHAを多く含むさけや青魚などの魚介類、2)抗酸化パワー大の緑黄色野菜、3)コリンを含む卵や大豆製品、などを豊富にとることです。
10.心の健康も食で変わります
詳しくはコチラ
健やかで幸福な生活を送るには、脳の感情に関与する神経伝達物質が協調して働くことが大切です。そのためには、トリプトファン、フェニルアラニンなどのアミノ酸をバランスよく食べることが必要。
次のページへ

▲ページのトップに戻る

みやはら医院は大府市にある内科、循環器科です。生活習慣病の予防のため、アンチエイジングや健康長寿への対策を患者様にご提案しております。